子供のいじめ問題をスピリチュアル的に見てみる

いじめはダメ!子供とできるスピリチュアルな対策

いじめのエネルギーを変える方法~オーラの持つ力~

男子

いじめられないようにするためには、明るく元気なオーラを出せるように意識していきましょう。日頃から、自分に自信を持ち、強い心を保ち続けることで、いじめっ子が寄ってこなくなります。

「エネルギー=オーラ」である

よく「あの人にはオーラがある」と言ったりします。これは、「あの人にはエネルギーがある」ということを意味しているのです。人それぞれに思っていることや感じていること、これまでどのように生きてきてこれからどのように生きていくのかということには差があるでしょう。このオーラの違いは、良い意味でも悪い意味でも「エネルギー的な摩擦」を生みます。特に子供は相手のオーラに敏感です。いじめる側のいじめたい気持ちを跳ね返すためには、「気を張る」ことや「気晴らし」も大事です。

いじめられる側のオーラとは

いじめられる子供は、他の人とは違うオーラを持っていることが多いです。人間は知らないことや新しい変化を恐れます。魅力的な人の傍にいると劣等感を感じて、焦りを覚えてしまうこともあるでしょう。これは、いじめられる子供にも、いじめる子供にも言えることです。この焦りや不安を解消するためには、自信を持つことです。明るくて強そうなオーラを放つ人には、いじめる側の子供は近付こうとしません。つまり、いじめる側の子供にも自信がないのです。いじめなどの「争い」は、相違点の多い者同士あるいは共通点の多い者同士で起こりやすいと言われています。スピリチュアル的に見れば、お互いに過不足があるからこそ、両者に必要な体験を共有していると解釈できます。自分と相手を今よりも観察することで、ヒントが得られるかも知れません。

いじめの対象になる子供のオーラはどうなっているのですか?
「他者と自分は違う」という思いを持っていると、周りはその人から疎外感を受けます。周りの子供よりも成長した魂を持つ子供は自意識がしっかりしている分、他者と自分の違いがよく見えるでしょう。しかし、「分離感」も持ち過ぎると、孤立していじめの標的にされやすくなります。「目立つ子供」のオーラは、喜びも悲しみも素直に現れていることがほとんどです。相手とどのように接すればいじめられないか、「コミュニケーション方法」について親子で真剣に考えていきましょう。コミュニケーションのコツを実践していけばオーラが変わるだけでなく、理性で問題を解決できるようになるでしょう。
いじめに遭うことでオーラが変化することはあるのですか?
オーラは体調や感情によって変化するので、常にいじめられている状況下にある子供のオーラはどんどん変化します。敏感な子供は、相手や自分のエネルギーによって傷付きやすいため、否定的なオーラで自分にバリアを張ろうとします。しかし、それでは更に逆効果になってしまうので、常に高い波動のオーラを維持するようにしましょう。また、エナジー・バンパイアは、弱ったオーラからエネルギーを吸い取りやすいのです。いじめを受けても、直ぐに元気なオーラに切り替えられるように、できるだけ「心の切り替え」を意識しましょう。

通常のオーラの状態を知る

いじめられない「元気なオーラ」を知ることで、子供のいじめ体質を根本的に解決できるでしょう。通常のオーラの状態を覚えておくことが大事です。

足元まで覆っている
スピリチュアルでは高い波動状態を目指しますが、「地に足を着けること」を忘れてはいけません。「物質世界を生きていく」という強い思いがなければ、オーラは希薄になりスタミナも続かなくなります。健康な人のオーラは足元まできちんと覆うように輝いています。「意志を通して物事を成し遂げる」という強い意識を持つようにしましょう。ちなみに霊の足元は、よくぼんやり描かれていることが多いのですが、これは霊に集中力があまりなく意識の力が弱いためです。生前に合気道などをしていた人の例ははっきりとした姿で現れると言われています。エネルギーを物質化するためには、意識の力が必要になるのです。
身体に均等に行き渡っている
バランス良いオーラは全身を包んでいます。肉体に病気や怪我があると、オーラにもその不調和が現れます。定期的にスピリチュアル・ヒーリングを受けたり、心身のメンテナンスをしたりすることが必要です。子供の体に触れたときにそこだけ硬く重く感じられたり、暗く見えたりする場合は早めに原因を解明しましょう。
動きがなめらか
オーラは体の周りに固定されているエネルギーではなく、魂や霊体が発しているエネルギーの広がりです。健全な状態であれば、エネルギーが螺旋を描くように循環しています。そして、体の周りにいくつかの綺麗な層が見えるでしょう。気持ちが落ち込んでいたり体調不良だったりするときは、エネルギーが滞るためオーラの動きもドロドロとしています。

エネルギーのコントロールがカギ~スピリチュアルパワーの恩恵~

高い波動を維持することで、運を強くすることができます。方法はいくつかあるため、気になるものを試してみると良いでしょう。

スピリチュアル的いじめ対策

いじめに遭っている子供のオーラを健全に保つ方法があります。実際に試している人の声を聞いてみましょう。

子供がいじめられたとき、パワーストーンを作って常に持ち歩かせていました。(30代/主婦)

パワーストーンは持ち主のエネルギーを整えて危険から守ってくれると知り、真っ先に子供に持たせたいと思いました。子供がいじめられていたため、癒し効果のある水晶や厄除けの翡翠などでブレスレットを作ったのです。お守りとして持つようになって、心が強くなったように感じています。

パワースポットに子供を連れて行きました。(20代/主婦)

パワースポットはマイナスイオンが多く、心身の疲労回復に効果的と友人に教えてもらいました。最近、子供の元気がなかったので家族で連休を取って神社に行ってきました。子供の笑顔が戻ったので、嬉しかったです。

私は子供と一緒に、プロの方にオーラ診断をしてもらいましたよ。(30代/会社員)

私は元々スピリチュアルなことに関心があったのですが、子供がいじめに遭ったと聞いたとき、オーラが傷付いている、エネルギーが吸い取られていると思いました。それで、まずはと思ってプロの方に子供のオーラを診断してもらったんです。子供は、胸元と喉の辺りのエネルギーが特に弱っているとのことでした。塩風呂に入ったりパワーフードを食べたりすると良いと教えてもらったので、現在実践中です。

オーラの質と量を高めて、感情のコントロール

オーラの質と量を高めることで、感情のエネルギーをコントロールしやすくなります。いじめる側の子供にエネルギーを奪われることがなくなるでしょう。しっかりとしたオーラになることで、外部からのエネルギー的な干渉にも強くなります。

親子でオーラを高める重要性

子供は親御さんや周囲の人から影響を受けやすいため、オーラを高める取り組みは家族みんなで行なった方が良いでしょう。

TOPボタン