子供のいじめ問題をスピリチュアル的に見てみる

スピリチュアル・ヒーリングを利用していじめ解決のヒントを得よう

潜在意識といじめ~スピリチュアル的な面から見た心の傷~

女性

心の傷は、体の傷よりも治りにくいものです。痛みを自分自身で解決できない人は、他の人に自分と同じ痛みを与えようとするでしょう。スピリチュアルな視点から解決策を見てみましょう。

いじめを放置することのデメリット

いじめによるトラウマは負の連鎖を広げます。「子供同士の問題に首を突っ込んではいけない」といじめを放置してしまったら、取り返しのつかない事態を招いてしまうでしょう。いじめを受けている子供といじめを行なっている子供の両方の未来を守るために、今だからこそ有効な手を打っていきましょう。

トラウマは潜在意識に植え込まれる

人間は、解決できないと思った問題を潜在意識に隠してしまうという防衛本能を持っています。「臭いものには蓋をしろ」と隠された問題は、あるとき何かのきっかけで爆発することがあります。トラウマを抱えているという意識を持っていない人も多いです。また、多感な子供時代は刺激に対して敏感であるため、トラウマになるような体験はできるだけ避けなければいけません。いじめが原因で人間不信になる前に、子供とコミュニケーションを取り、問題を解決するようにしましょう。

潜在意識からの解放

潜在意識下にトラウマを抱えた子供の痛みを癒す方法をいくつか紹介します。

スピリチュアル・ヒーリングを受ける
スピリチュアル・ヒーリングはエネルギーの調整だけでなく、心に抱えている恐れや抵抗も見ていきます。原因をしっかりと見つめることで、問題解決を図ります。「何故いじめが起こったのか」、「何故解決できなかったのか」とういことについて対策を立てるのです。また、スピリチュアル・ヒーリングを行なうスピリチュアル・ヒーラーには、実際にオーラが見える人や波動を感じられる人が多くいます。通常は目で見ることのできないエネルギーの質と量を確認して必要最小限のアドバイスをしてくれるので安心です。
パワーストーンを持つ
オニキスや黒曜石、レーザー水晶にカーネリアンなどは、特に「邪を払う力」があると言われています。お守りとして子供に持たせるなら、明るい色のパワーストーンよりも色味の濃い方がオススメです。ネガティブなエネルギーを吸い取って、持ち主を守ってくれるからです。また、「ターコイズ」は「身代わり石」と呼ばれていて、持ち主に危険が迫ったときに色が変わり、持ち主に危険を知らせてくれるという言い伝えがあります。パワーストーンが持つエネルギーは石毎に違います。直感で選ぶのも1つの手です。自身や子供が持つ場合は、「コレだ!」と思ったものを選びましょう。

子供の声に耳を傾ける

親のエネルギー、オーラの影響からいじめに遭ってしまった子供は、自分の中にトラウマを抱え込み、それを大人になるまで引きずってしまいます。そうならないためにも、このような方法を試しながら子供の声に耳を傾けましょう。

スピリチュアル・ヒーリングを受ける意義~視点を変える重要性~

スピリチュアルに興味のある人もない人も、視点を変えることで現状を打破しやすくなるでしょう。

親子でスピリチュアル・ヒーリングを受ける

スピリチュアル・ヒーリングを初めて受けるという人は、かえって緊張するかも知れません。親子で受けられるセッションもあるので、心配不要です。スピリチュアル・ヒーリングを受ける際に大事なことは、「必要なタイミング」と「求めているセッション」を本人が選ぶことです。子供と親御さんの魂の学びにとって必要な体験だからこそ、起こっています。プロのサポートが必要と感じるときに、利用するようにしましょう。なるべく自力で解決しようとする中で、魂は成長して精神性が高まっていくからです。

スピリチュアル・ヒーリングの流れ

スピリチュアル・ヒーリングは普通の心理カウンセリングとは異なります。ヒーリングを受ける流れも違うので、事前に確認しておきましょう。スピリチュアル・ヒーリングのセッションの前に、子供と親御さんが取り組まなくてはいけない「内観」や「リラックス方法の実践」、「生活習慣の改善」もあります。これらを行なうことで「心のブロック」が取れやすくなり、波動が上がります。エネルギーの流れも改善されるため、セッション時の効果も実感しやすくなるのです。

霊界との通信

スピリチュアル・ヒーラーの中には、生きている人のオーラや霊が見えるだけでなく、前世の記憶や高次元にいる存在から必要なメッセージを受け取ることのできる人もいます。霊界との通信では、守護霊や亡くなった人と話ができますが、何かしらの「強い因縁」があると上手くいきません。前世で行なったことの「復習」を現世で行なっている場合は、アドバイスや手出しがあまりできないのです。スピリチュアル・ヒーラーの力量や相談者の課題の大きさにもよるので、諦めずに取り組んでいくことが大事です。

スピリチュアル・ヒーリング開始

スピリチュアル・ヒーリングは対面が基本ですが、中には遠隔で受けられるセッションもあります。信頼できるスピリチュアル・ヒーラーが遠方にいて現地に行くことが難しい場合は、遠隔ヒーリングを受けると良いでしょう。スピリチュアル・ヒーリングは静かな環境で行なわれます。理想的な環境を用意しているところもあります。建物の周囲に緑があり、日当たりと風通しが良いところです。そういった場所でスピリチュアル・ヒーリングを行なうと、潜在意識下に押し殺していたネガティブな感情が出やすくなります。理由もないのにイライラしたり悲しみを感じたりする中で、逃げずに「原因」を突き止めることで解決策を見つけることができます。

終了

スピリチュアル・ヒーリングのセッション時間は、人やエネルギー状態によって変わってきます。十分な時間を取っている場合は4~8時間ほど行なうこともありますが、大抵は1~2時間程です。心のブロックが解けて、エネルギーの流れが正常になることで体がポカポカとして眠気が出たり逆に目が覚めたりするでしょう。風邪を引いたときのように熱が出ることもあります。セッション終了後は無理をせずに、十分な休息を取るようにしましょう。

スピリチュアル・ヒーリングの注意点

スピリチュアル・ヒーリングは、医療行為でも宗教活動でもありません。そのため、過信して期待し過ぎてはいけません。効果の実感には個人差があり、「どのくらい自分と真剣に向き合ってきたか」でも違ってきます。分からない点や不安な点があれば、スピリチュアル・ヒーラーに相談しましょう。

スピリチュアルな視点で物事を視る

スピリチュアルな視点で物事を見ることは、「心」や「意識」を考えることと同じです。いじめ問題は、放っておくと様々な負の連鎖を広げていきます。子供の精神性を育てることも大事ですが、子供を守りたいという思いは親御さんの成長にとっても必要なものです。スピリチュアルなエネルギーを高めることで、親子との成長も早くなります。力を合わせていじめを解決し、楽しい生活を送りましょう。

TOPボタン