子供のいじめ問題をスピリチュアル的に見てみる

スピリチュアル的な原因を知り、いじめに遭っている子供を守る

森羅万象のエネルギー~子どものいじめとの深い関係~

子供は周りに元気を与えてくれる存在です。いつも明るく笑っている子供が笑わなくなったときは、いじめに遭っている可能性があります。そして、気掛かりなことがあれば、優しく真剣に向き合う必要があります。子供の本心は本人にしか分からないため、スピリチュアル的に物事を考えてみるのも1つの手です。

全ての物にはエネルギーがある

スピリチュアルの世界では、全ての物にはエネルギーがあると考えられています。身に起こる出来事には良くも悪くも因果関係があり、目に見えないエネルギーが働いています。つまり、思いと行動により引き寄せる体験も異なってくるのです。人や物、動物や植物は、それぞれに様々な固有の波動を持ち、この世界に存在しています。そして、この波動の持つ振動数を下げることで、物質化が起こります。ポジティブな思いと行ないからは良い現実が生み出されやすく、ネガティブな思いと行ないからは悲しい出来事が生み出されやすいのです。また、無意識に抱えている観念からもこうしたエネルギーが発生しているため、日頃から意識的にスピリチュアルを考えてみることが大事と言えます。

エネルギーが人に与える影響

人の持つエネルギーは、知らず知らずの内に伝播し、周りの人や物に影響を与えています。これは、エネルギーが波の性質と粒子の性質を併せ持つことから起きます。それにより、周りに存在している他のエネルギーに作用して、お互いを弱めたり強めたりする干渉作用が起きるのです。心で思うことや言動の1つ1つには、固有のエネルギーが込められています。そのため、子供のいじめ問題を解決するためには、目に見える部分を解決していくことが大切です。そして、それと同じくらい目に見えない心や人間の深層心理についても考えていく必要があります。スピリチュアルな視点に立てば、物事の起こった意味を深く理解し受けとめて、現状を変えていくことができます。子供のいじめを解決していくために、丁寧に向き合うことが大事です。

いじめとエネルギーの関係

エネルギーは、いじめる人もいじめられる人も全ての人が持っています。しかし、残念なことにエネルギーによっていじめが起きる場合があります。そこで、いじめを乗り越えていくために、どのように工夫すれば良いのか考えていきましょう。

子供は感受性が豊かで、以前はよく泣いたり笑ったりしていました。しかし、それを面白がる同じクラスの子たちにいじめられるようになりました。どうすれば良いでしょうか。
気が合わない人と一緒にいると疲れるかと思います。これはお互いに気を遣っているからです。しかし、中にはわざと相手に気を遣わせたり感情的にさせたりして楽しむ人もいます。スピリチュアルの世界では、このような人を「エナジーバンパイア」と呼びます。
エナジーバンパイアが狙っているのは、ターゲットの感情や思い、考えや行動を支配することです。相手をいじめることで、自分に注目を集めたり支配欲を満たしたりしているのです。相手が喜ばないように、なるべく自分のペースを保つようにしましょう。そして、できるだけ孤立を避けて仲間を作ることが大事です。

いじめられる側といじめる側のエネルギー

子供のいじめでは、いじめる側といじめられる側でエネルギーの違いや魂の学びのプロセス に差があります。そこで、スピリチュアルヒーラーの意見を聞いてみましょう。

魂のレベルが高いことでいじめに遭うこともあります。(40代女性/スピリチュアルヒーラー)

エネルギーは基本的に自分より魂のレベルが高い人から吸い取れます。水が高いところから低いところへ流れるようなものです。いじめられる側の子供は魂の学びが他の子供よりも進んでいます。そのため、周りと価値観が異なる点も1つの要因です。他の子供にはない魅力や個性を多く持っているので、しっかりと対策を行なうことで現状を変えることができます。いじめられやすい子供は、人気者にもなりやすいのです。

いじめられる側にも問題がある?

いじめはいじめる側が一方的に悪いと考えてしまいがちですが、スピリチュアルな視点から見ると、双方に必要な体験として起こっていることが多いです。 例えば、無意識に相手の気に障ることを行なっていたり、注目を集めようとしていたりすることも考えられます。お互いにとって改善点がある場合は、お互いに歩み寄ることで共に成長できるでしょう。しかし、相手が紛れもない悪意を持っていじめている場合は、話は別です。子供の心身を守るために、いじめる相手との距離を持たせなければいけません。いじめる相手は、「この人なら、自分の悪意を静かに受け入れてくれそう」という人を標的にします。相手の期待に応えようとしないこと、何事にも動じない勇気を持つこと、伝えなければいけないことはしっかりと伝えられるようにすることなどを意識的に実践していけば、次第に理解してくれる仲間が増えていくでしょう。また、感情を上手くコントロールできるようになれば、エナジー・バンパイアは退屈になってあまり寄って来なくなります。

子供は本来いじめのエネルギーを持っていない~周囲の大人の影響~

子供はお腹の中にいるときから、周り人の声を聞いたりお母さんの気持ちを感じたりしていると言われています。そのため、生前や生後間もない頃の記憶を持っている人は少なくありません。 子供は身の周りの情報を取り入れながら成長していくため、自分以外の人から多くの影響を受けています。特に、子供のいじめは家族や親戚の問題が原因になっていることも多いです。周りの大人が真摯に受け止めて、共に現状を変える努力をしなければ改善は難しいでしょう。

子供が元々持っているエネルギー

子供は大人に比べて知識をまだあまり持っていない分、物事に対する固定観念や偏見が少ないと言えます。集中力や気持ちの切り替えが柔軟なこの頃に、子供が持っている才能や個性を伸ばしてあげれば、多くの人に愛される魅力的な人に育つでしょう。子供のやる気や可能性を育てるためには、親御さんや周りの大人達がもっともっと成長する必要があります。人は常に成長できる可能性を持っているので、焦らずにしっかりと実践していくことが大事です。大人に心の豊かさや余裕があれば、子供も本来の元気さを取り戻していくでしょう。

大人が子供に与える影響

元々良いエネルギーを持っている子供がいじめをしたり、いじめに遭ってしまったりするのは、環境による影響が大きいでしょう。「衣・食・住」は、人間が人間らしく生きていく上で満たさなければならない重要なものです。しかし、子供はまだ経済活動ができず、社会で生きていくための勉強に身を投じなければいけません。つまり、親御さんや周りの大人達が、子供を取り巻く社会や教育環境を整えていかなければならないのです。大人が子供に与える影響はとても大きい分、世代交代の中で若い世代から受け取る影響も大きいでしょう。いじめを家庭や学校、子供達だけのこととして考えるのではなく、自身の問題として考えることが大事です。

いじめる側
子供の周囲の大人が精神不安やストレスを抱えていれば、子供にも影響が及びます。人は、自身の優位性を感じることで、問題を解決したと思いたがります。そのため、問題をすり替えたり子供に八つ当たりをしたりする大人が周りにいれば、子供は次第に純粋なエネルギーを失っていきます。物事を正直に受けとめたり、思いを表現したりすることを否定するようになるでしょう。周りの大人達を見て、「足りないものは他から奪えば良い」ということを学ぶため、他の子供をいじめて同じようにエネルギーを奪おうとするのです。
いじめられる側
子供は大人よりも変化を察知する能力に長けています。「空気を読む」「KY、空気読めない」という言葉は、近年の若い世代が作ったものです。日本人は、本来思慮深く相手を思いやることができます。しかし、エネルギーが不足したり自己否定の思いが強かったりすると、それが仇となり「奪う・奪われる」の関係を作ってしまう恐れがあります。いじめられる側が気を付けたいことは、「これだけ我慢したら、お互いのためになる」という思いや、「自分が悪いからこのようなことをされるんだ」という自己否定を払拭することです。いじめられること・いじめることを「肯定」しないように、現状を変えていかなければいけません。

いじめから解放されるために

いじめられる側の子供は、常にいじめる側の子供から負のエネルギーを受け取ります。そして、良いエネルギーを奪われ続けています。この状態を放置すると、子供自身の「生きるエネルギー」が奪われ、自殺へとつながります。 それを回避するためには、いじめのある場所に身を置かないようにするべきです。いじめる側の子供は、「誰かをいじめなければ抑えられない感情」の原因を自身で解決できずにいます。そして、人間は感情の生き物と言われるように、抑圧された感情や心の偏りはフラストレーションとして、エスカレートしていきます。つまり、いじめる側本人が問題と向き合わない限り、いじめられる側の被害は収まらないでしょう。いじめる側とできるだけ関わらないようにすることが大事です。

スピリチュアル・ヒーリングで心のケア

自分の子供がいじめに遭っているのなら、スピリチュアル・ヒーリングによって魂のケアをしてあげましょう。親子でスピリチュアル・ヒーリングを受けて、エネルギー状態をクリアにすればお互いに良い影響を与え合えます。

スピリチュアル・ヒーリングでは、カウンセリングを受けたり呼吸法を教わって瞑想をしたりすることがメインですが、スピリチュアル・ヒーラーから直接エネルギーを流してもらうこともできます。スピリチュアル・ヒーラーは「チャクラ」と呼ばれる人体上の7つのエネルギースポットを刺激して、エネルギーの流れを正常に戻すことで心身のバランスを改善するのです。 スピリチュアル・ヒーリングは、心身の不調和を目に見えないレベルから整えていくため、様々な効果が期待できます。リラックスした中で行なわれるので、血流が良くなりホルモンバランスと基礎代謝、免疫力も改善します。目に見える変化として、肌トラブルやお通じ、不眠症やパニック障害、頭痛に肩こりが良くなったという声も多いです。心身のケアが必要と感じている子供や親御さんは受けてみると良いでしょう。

TOPボタン